反対側の効果

以前、同じ新鎌ケ谷に本社のある東洋ハウジングさんの外構をお手伝いしたお知らせをしました。

そう池のあるお庭のことです。

その続編。

「土間のある家」は、お庭との関係性がかわります。普通は家の中からお庭を眺める、あるいは「お庭に出る」という一方通行の割合が高いかもしれません。今回の写真は「お庭から家」を撮りました。普通なようでちょっと違った見方だと思います。関係性が曖昧になっている気がします。この曖昧な感じが昔の日本の家屋には多く存在し、少し懐かしい感じがするのですね。

世の中、高気密高断熱。ちょっと曖昧なお外との関係に少しノスタルジックになったのでした。

店長