HOME施工事例あたらしいEXTERIOR >白亜の家 鎌ケ谷市T様邸

白亜の家 鎌ケ谷市T様邸

HOFスタート時の記念すべき初期の邸宅外構。白いモダンな外観とアンティークな内装の家とのマッチアップが楽しい外構になりました。竣工から3年経っても色あせないデザインをご紹介します。(アーカイブ)

道路から1m以上高い土地に計画されたT様邸。住宅外観のイメージを外構のデザインで膨らませました。

白い擁壁と白華しているアンティークレンガの素材がバランスよく見え隠れするようなファサードにしています。

白い壁に取り付けたのはアンティークな照明と表札(お客様持込)。そしてフィンランドにあるMartti&Lasseが運営するbobi社の緑のポストを。壁の質量に映えるエントランスになりました。

アプローチは正円形状をしています。道路に面するお庭部分を広くとるため、玄関までの道中をドラマチックに演出するために採用しました。どんな敷地にでもあうわけではない螺旋形状。T様邸の敷地形状、住宅配置計画があったからこそ出来たカタチです。
常日頃、その場所でしかありえないカタチや素材を探してデザインをしていますが、そのバランスがとても気持ちいい外構を考えるのは実はとてもキツイ作業です。T様邸も何度もスタディして作り出したのですが、回答がでたときは、プロとしての仕事ができたとほっとします。

このような外構はお客様との出会いが必要です。これからも様々な出会いを求めて、HOFやっていきます。

営業・設計・施工管理 今野
施工 リアルグリーンデザイン 伏見 竹下

関連の施工事例を見る