HOME施工事例ReGARDEN お庭のリフォーム >視線を遊ぶ坪庭 鎌ケ谷市S様邸

視線を遊ぶ坪庭 鎌ケ谷市S様邸

道路から奥まった場所にある坪庭的なスペースをどのように活用するか。特に2階にリビングがある間取りの住宅の場合はお庭のありかたが問われます。解決方法はただひとつ。綿密なディスカッションです。

まだ新築したばかりでモダンな外観のS様邸。HOFがお手伝いしたのは子供部屋に隣接する1階部分の坪庭部分。2階にリビングがあるため、家族の団欒に使われるスペースとしては少し遠い配置条件です。

このようなスペースは、実用的なスペース(物置などを設置)に使われがちですが、S様とディスカッションして生まれたのがこのタイルテラス。決してここでバーベキューとかをするわけではないスペースにテラスつくったのは、お子様の部屋からの癒しの視界をつくること、道路からすこし見え隠れする視界をつくること、そして、2階のリビングやキッチンからの緑の視界をつくることを意図したからです。テラスにすることで、緑が引き立ち、やや遠い場所からでもその色を認識しやすくしています。

今回は様々な角度から見え隠れするこの位置に、少し華美なデザインをあえて入れることにしました。

2階からの視界です。ダークなテラスは、家に対して少し傾けた形状にしています。タイルの目地も白を使い、よりグリッドを明確にすることで、タイルのテラスが家の奥まで続いているように感じる「視線の遊び」を施しています。

傾けたテラスに対し、住宅と正対する植栽部分。グレーのスレート状の石を敷くことで植栽帯だけが浮いてしまうことを防いでいます。
この坪庭をつくるにあたっては、S様と様々なディスカッションを行いました。ご家族のライフスタイルや趣味趣向、隣接する将来家が建つであろう空地のことなど、事細かに話し合うことで、導き出した形です。この場所だけは、ずっと忘れ去られた空間にならないようにする配慮が必要なのです。そのためにディスカッションを重ねることが大事であると考えます。

営業・設計 今野
工事管理 山下
施工 景プロデュース 高橋 石橋 中島 小湊
    季織苑

関連の施工事例を見る